ナチュグレ特製玄米パエリアできました。

お取り寄せパスタソースナチュラルグレースメルカートのブログ ナチュグレ特製玄米パエリア

こんにちは。

昨日の天気とはうって変わって本降り雨空の甲府から。

サイトにアップしてから少し時が経ってしまいましたが、ラザニアに続いて、

レストランで人気の季節限定品「ナチュグレ玄米パエリア」が商品化しました!

レストランのパエリアと同じ具材で作ってみたところ、貝類がレンジアップすると食感が固くなってしまうので、試作を繰り返し、レストランとは少しだけ具材の内容を変更しました。

パエリアといえばパラパラしたご飯に魚介や野菜がのっている。というイメージがわきますが、通常パエリアはパラパラした長細いインディカ米を使用します。

日本のお米はジャポニカ米と言って粘り気があるタイプのお米。

インディカ米はアミロースが高く、つまり糖化が進みにくく消化吸収もゆっくり。一方、ジャポニカ米はアミロースが低く、ご飯やお餅を食べると急激に血糖があがるのでマラソン選手などは朝食にお餅を食べるんだそうです。

なるほど、子供の朝食にもいいですね(^.^)

ちなみにこのアミロースは日本酒造りにおいて、とても重要でジャポニカ米だからこそ美味しい日本酒が造れるというもの。この酒話はまたの機会に。

さて、お米の話に戻ります。

当店では北杜市産コシヒカリを玄米のまま仕入れ、レストランでお出しする白米は胚芽を残して7歩合きで精米しています。ですから少し黄色っぽい感じで、お米の甘みを感じます。酸化によりお米の品質が変わってしまうので、自家精米ならではの美味しいライスをレストランでは提供しています。これは白米の場合。

パエリアには玄米を使用。ジャポニカ米ですが玄米+油でパラパラとして噛み応えもある食感に。

トッピングの大粒の帆立や地鶏のローストは食べ応えもあってGOOD(^.^)

トマトやパプリカ、ズッキーニなど、野菜が多めの彩鮮やかなナチュグレらしいパエリアです。

試作を何度か食しましたが野菜とパエリアライスのところがジューシィで美味しいです。野菜の水分とパエリアライスがうまく合わさった瞬間が美味しい~。

お好みでですがレモンやライムをギュッと絞って食べるのがおすすめです。

温めても、冷めても美味しいパエリア。お酒との相性も良いですよ(*^-^*)

容器ごとレンジで8~9分温めて出来上がりなので、冷凍庫ストックにいかがでしょうか?

梅雨も後半に入ったそうです。

夏も待ちどおしですが梅雨の雨音や植物などに耳を傾け、やまない雨はない。と思って静かに過ごす時期だと思えばそれはそれで「いとをかし」かなと思いました。

【贈答・プレゼントにも。こだわり高級素材無添加パスタソース専門店・おとりよせのナチュラルグレースメルカートのブログ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です