カキはのど越し?噛み応え?

お取り寄せパスタソースナチュラルグレースメルカートのブログ  牡蠣はのど越し噛み応え 広島産大粒カキとほうれん草のクリームソース

こんにちは。良く晴れた甲府から。

口角炎がなかなか治らなくて、あまり笑うと治りが遅くなってしまうので笑えないたけだです。

調べたところ原因として

ストレス→あまりない。

睡眠不足→子供とほぼ同じ睡眠時間7~9時間。むしろ寝すぎ。

ビタミンB2そしてB6不足→これだ!と思って早速レバニラ炒めを作りました。

でも。。。やっぱりレバーは苦手・・・

娘がレバーが好きだったことを知り、自分が好きじゃないので食卓に出さなかったことを反省です”(-“”-)”

さて、レバーはさておき「海のミルク」と呼ばれるカキにもたくさんの栄養素が含まれています。

食中毒なども多く話題には上りますが、これは生や半生などの場合です。

フランスではシャンパンと生カキはセットのようになっていて、時期なるとレストランやBARで提供されていますが、これはフランスだから。

確かに美味しいですが、場合によっては生臭さを感じることもあります。カキはのど越しみたいな感じなので噛まないひとが多いようです。

しかし、ここは日本、JAPON。日本酒とカキを合わせて頂きたいと思っています。できれば「焼き」で。

しっかりと火を通すことで牡蠣の旨味がじわりじわりと染み出て食感も食べてる感がでます。

メルカートで販売しているカキメニュー、ほうれん草のクリームソースとペペロンチーノ。

好みが分かれますが、どちらもプリッ♪としていていい火加減で作ってるなぁ~と関心してしまいます。

やっぱり、大量生産じゃないし、冷凍真空だし、専属シェフが作ってるし、いろんな意味でちゃんとしてるなぁ。と、売る側としてはそう思うわけです。

もっと、この美味しさを広めたいなぁと思っております。

そんなつぶやきたい一日の始まりです。

【贈答・プレゼントにも。こだわりの高級素材無添加パスタソース専門店・おとりよせのナチュラルグレースメルカートのブログです】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です