あけの金時

贈答・プレゼントにも。こだわり高級無添加パスタソース専門手・おとりよせのナチュラルグレースメルカートのブログ あけの金時

10月に入ってもまだまだ暑いですね。
今朝子供と外に出ると、虹が出ていました。
なんだか良い事がありそうな~
小さな幸せでした(^^)

さて、秋の味覚のさつまいものお話。
レストランでは月替りのメニュー「500kcalプレート」にも添えられています。

山梨県北杜市では「あけの金時」という品種が特産品です。

国内有数の日照時間を誇る北杜市明野町で
通称「金時芋」と呼ばれる品種の中からうまれた新種。
日照時間が年間2,600時間を超える「明野」の土地に合う品種を選別して、
苗づくりから始めたそうです。

太陽の恵みを土の中でゆっくりと糖分に変えて、
しっかり甘みを蓄えたサツマイモが「あけの金時」は
有名な「鳴門金時」よりも糖度は高いと言われています。

そのまま焼きいもとして食べてもおいしいですし、天ぷらもオススメとのこと。

加工品にも適していることから
原料にあけの金時を使った「芋酒」も醸造されているそうです。
県産米におよそ10%のあけの金時を加えて醸造することで、
ほのかなサツマイモの香りのする日本酒風味の芋酒とのことです。

我が家では、焼き芋のほかに、たっぷりの黒ゴマをかけて大学いもにします。
色が濃く鮮やかなあけの金時は、食卓を明るくしてくれます。

ネットでも購入可能のようです。
興味のある方は検索してみてください♪

【贈答・プレゼントにも。こだわり高級素材無添加パスタソース専門店・おとりよせのナチュラルグレース メルカートのブログです】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です